読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識人達の情報まとめ

役に立つ面白知的なニュースを発信するニュース情報サイト

スポンサードリンク

睡眠不足はあなどれない。睡眠不足が引き金となって起きた5つの世界的大惨事

f:id:taka0522kun:20170306221828j:plain

 2016年10月に発行された『Uncle John's Uncanny Bathroom Reader 』によると、睡眠不足はあなどれないものだという。

 眠くてつらい思いをするのは本人だけではない、重大な責任がある立場にいる者にとっては、睡眠不足により自分の命のみならず、他人の命すら奪ってしまうこともあるというのだ。

 そんな睡眠不足によってもたらされた大惨事の例を紹介しよう。

1. スペースシャトル『チャレンジャー』事故

f:id:taka0522kun:20170306221919j:plain

 1986年1月28日、米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル『チャレンジャー』は、フロリダ州のケープ・カナベル宇宙基地から発射された73秒後に爆発した。乗っていた7人は全員死亡した。

 この大惨事が起こる前日、NASAではシャトルのロケットブースターを製作したモートン・サイオコール社と電話会議を開いていた。

 その会議でサイオコールのエンジニアは、天気予報で翌日の気温が低いと発表されおり、気温が低いとブースターの一部に悪影響を及し、爆発する恐れがあると伝え、打ち上げの中止を勧告した。しかし、NASAはこの忠告を無視して、打ち上げを行った。

 事故後の調査で、やはり爆発の原因は気温が低いため起きたことが判明した。だがもう一つ、調査ではNASA内の超過労働の問題が指摘された。

 マネージャーたちは寝不足のため、適切な判断が行えずエンジニアの忠告を無視することとなったというのだ。

 会議に参加していたトップ2のマネージャーたちは、いずれも23時間寝ていなく、前日も3時間しか眠っていなかった。「NASAでは通常、長時間働けば働くほどよいとされる習慣があり、今回の様な大惨事をもたらした」と関係者は語っている。


スポンサードリンク

2. エールフランス 447便事故

f:id:taka0522kun:20170306222017j:plain

 2009年6月1日、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロからフランスのパリに向かっていたエールフランス447便が大西洋に墜落、乗組員、乗客含め228人全員が死亡した。

 当便の機長(58歳)は、ベテランのパイロットだったが、飛行前日は1時間ほどしか寝ていなかった。コックピットのボイスレコーダーにも機長が前の晩、十分寝ていないとこぼしている発言が残っていた。

 副操縦士は若手の2名で、彼らが飛行後3時間で問題に直面した時、機長はコックピットの後方で眠っていた。それは長時間飛行の際には取る事となっている、予定されている仮眠だった。

 しかし、副操縦士がインターコムで機長を呼び、“失速”の警報がコックピットに響き渡っていたにもかかわらず、機長は反応するまでに1分以上もかかった。

 機長がやっとコックピットに着くと、彼は混乱したようで、即時に対処することができなかった。しかも、副操縦士は失速の際に取る対処法とはまったく逆の操作を行っていた。それでも機長ほど経験を積んだパイロットであれば、対処は難しくない事態のはずだった。

 その3分後、機体はそのまま大西洋に墜落した。機長が警報が出てから対応するまでに時間がかかり過ぎたこと、瞬時に何が起きているのか判断する能力が欠けていたこと、この2つが今回の事故につながったと事故後の調査で判明している。

3. エクソンバルディーズ号事故

f:id:taka0522kun:20170306222105j:plain

 1989年3月24日、原油タンカーのエクソンバルディーズ号は、アラスカ州のバルディーズ石油ターミナルを出発し、カルフォルニア州に向かう途中で座礁し、大量の原油が海に流出した。

 この事故の主な原因は船長にあった。船長は、タンカーが出港する数時間前に、最低でもウォッカの瓶を3本空けていた(もしくはそれ以上の可能性もある)。

 だがそれだけはない。事故の調査員たちは、仕事柄の超過労働が疲労を招き、今回の事故の原因の一端となったとしている。

 船長は、タンカーが暗礁に乗り上げる少し前に、3等航海士に操舵を託し(これは規定違反である。規定では、最低でも2人以上の航海士が常にブリッジにいることが義務づけられている)、酔いをさますために仮眠に入った。

 しかし、3等航海士も前日の睡眠時間は5時間、その時点で18時間も寝ていなかった。そのため、強烈な眠気に襲われ、タンカーが航路を外れていることに気が付かなかった。

 そして、タンカーは暗礁に直撃し、1080万ガロンもの原油がプリンス・ウィリアム湾に流出し、これまで海上で発生した人為的環境破壊のうち最大級の事故となった。

4. メトロノース脱線事故

f:id:taka0522kun:20170306222205j:plain

 2013年12月1日、米ニューヨーク市でたくさんの乗客を乗せた列車メトロノースが脱線し、死者4人、負傷者61人、被害額900万ドルを出す事故となった。

 米国家運輸安全委員会(NTSB)の調査によると、事故が起こったのは急激なカーブがある場所で、制限速度の時速30マイル(約48キロ)に対し、カーブ手前の列車の速度は同82マイル(約132キロ)だったとのこと。

 なぜ列車はこれほどスピードをあげていたのだろうか?

 なんと列車に乗っていたエンジニアは操縦席で眠りに落ちていて、スピードが上昇していることに気が付かなかったという。

 調査の結果、このエンジニアは2週間前に午後のシフトから朝のシフトに移っており、新しいシフトにまだ体内時計が慣れていなかったことが判明した。

 加えて、その後、同エンジニアは睡眠時無呼吸と呼ばれる睡眠障害と診断された。そのため、疲労が重なり、判断が鈍っていたとされる。

 また事故の直前に抗ヒスタミン剤を服用していたことも判明し、この服用が眠気を増幅したと考えられている。当局は、このエンジニアに対し刑事責任を問う予定であったが、最終的にとりやめとなった。


スポンサードリンク

5. UPS 1354便 貨物輸送機事故

f:id:taka0522kun:20170306222300j:plain

 2013年8月14日の早朝、UPS航空のエアバスA300貨物輸送機が米国アラバマ州のバーミングハム=シャトルズワース国際空港に着陸する際に失敗し大破した。搭乗していたパイロットは2人とも死亡した。

 米国家運輸安全委員会の調査で、パイロット2人は空港の滑走路にアプローチする際、様々な誤った操作をしていたことが報告された。

 着陸にむけた機体のコンピュータ操作を間違えた他、急速に降下、危険な状態にも関わらず着陸の試みを中止するのに失敗。その結果、機体は滑走路端の丘に墜落し爆発した。

 この事故の原因も過労とみられている。機長(58歳)と副操縦士(37歳)は以前から超過労働の不満を訴えていた。

 機長は同僚に「ここ数年の飛行スケジュールは過酷すぎる」とこぼしていたとも言われている。そして、コックピットレコーダーからも2人のパイロットがスケジュールについて不満を語っている様子と、UPSはパイロットの安全より金儲けのことしか考えていないという会話が発見された。

 これを受け、米国家運輸安全委員会はUPSに対し、疲労管理計画をアップデートするよう求めた。

via:5 Sleep-Deprived Disasters/ translated melondeau / edited by parumo

 睡眠不足という名の過労である。過剰な労働がかようにも大惨事を引き起こしてしまうのだ。起きてからでは遅いのだが、皮肉にも、対策がとられるのは悲惨な事故が起きてからだ。睡眠不足は飲酒運転に匹敵するほどのリスクがあるということを覚えておいてほしい。

スポンサードリンク